見積書はしっかり目を通す

満足度の高いリフォームを目指す

どこのリフォーム業者にお願いするかで、満足度は変わってきます。
相性もあって、業者の価値観やポリシーが自分に合うかも大きいですし、そこが一致しないと満足度は下がってしまいますね。

それぞれの業者で得意分野も異なるので、自分のイメージに合うような施工歴があるかどうかもチェックしたいです。
自分のイメージが明確でなく漠然としていると、言われるがままに工事をお願いする事になって、なんだかシックリこないという結果にもなってしまいます。

見積もりをお願いする段階で、自分の希望が伝わりやすい業者なのか、納得いく対応をしてくれそうだと感じる事ができるかは大事なポイントです。

いくつかの業者に見積もりを依頼する事で、どこの業者の対応が自分にとって信頼できるかの判断材料にもなりますし、説明を何度かする事により、自分の希望がより明確になります。

評判も大事ですが自分に合うのがベスト

いくら評判が良かったとしても、人によって価値観は違いますから、他人にとって良いと言う印象でも自分にとってどうなのかは別の問題になります。

納得したリフォームとなるように、他人の印象任せにして業者を選ぶのではなく、自分の価値観にあっているのかを見極めたいですね。

複数の業者に見積もりをお願いして比較する時には、不要な項目が含まれていないか不備や間違えないか、費用面を比べるだけでなく、自分の希望しているサービスが提供されている業者なのか、信頼できると感じるのはどこなのかを確認したいです。
値段の安さやスピードを求めているのか、デザインやサービスを重視したいのかでも、チェックしたい項目が変わってくるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る